HOME > ゴルフ会員権について:ゴルフ会員権の時価会計について

ゴルフ会員権の時価会計について

2001年3月期から金融商品についても時価会計が導入されました。 したがって、ゴルフ会員権等も金融商品の会計基準の対象となります。

時価会計は、平成11年1月に企業会計審議会から出された「金融商品に係る会計基準」による会計で、内容としては、金融商品について、取得原価ではなく時価(公正な評価額であり、取引を実行するために必要な知識を持つ自発的な独立第三者の当事者が取引を行うと想定した場合の取引価格のことを言いう。)で評価し、財務諸表に反映させる会計です。

時価会計対象企業は
  • @証券取引法の適用会社
  • A商法上の大会社
  • B証券取引法の適用会社の子会社または、関連会社

@Aは対象 B対象が適当

ゴルフ会員権のうち、株式・預託保証金から構成されるものは、金融商品の会計基準の対象である。

社団法人のゴルフ会員権は、「公益法人会計基準」で会計処理をします。
今のところ「公益法人会計基準」は、改正されてません。したがって、企業会計審議会から公表された「金融商品に係る会計基準」は適用されず、原則としいて取得原価が、評価となります。
ただし、著しい時価や実質価値の低下のある資産は、減価の要否を検討する必要があると考えられる。

当組合では、「ゴルフ会員権時価評価表」を販売いたします。
毎月発行 1冊…5,000円、年間…60,000円 (送料、消費税不要)

お申し込みはこちら


  • 関西ゴルフ会員権 相場表検索
  • 西日本地区のゴルフ場
  • ゴルフ放談
関西ゴルフ会員権取引業協同組合
〒550-0002
大阪市西区江戸堀1丁目8番14号
肥後橋SKビル2階
TEL:06-6449-5006

このサイトは「全国中小企業団体中央会:平成20年度中小企業WEB構築支援事業」の助成を受け開設致しました。